奥多摩支部 タカの渡り観察会

多摩川の上空を渡っていくタカを丘陵部の青梅市梅の公園と平地部の羽村市郷土博物館前で定点観察をしています。

上昇気流を利用して渡るタカは河岸段丘(多摩川など)上空で高度を上げるために旋回します。

多いときは100羽以上の大きなタカ柱を観察することができます。


タカの渡り速報

 2017年秋期タカの渡り観察は終了しました。

 


過去の記録

昨シーズンまでの記録はこちらから

  



2017年秋期タカの渡り観察会日程

観察期間:2017年9月16日(土)~10月8日(

   観察日:9月23日(土)、24日()、30日(土)、10月1日()の4日間

観察時間:午前8時30分~午後2時00分 (途中からの参加も大歓迎!

観察場所:青梅市 梅の公園

     羽村市 羽村市郷土博物館前 多摩川土手

 

雨天の場合は中止となります。

観察日以外は自主観察となり、現地担当者はいません。また事故等の責任は支部としては一切負えませんのでご注意ください 

参加希望の方は観察日をご確認のうえ、各観察場所まで直接お越しください。


観察場所詳細


交通:JR日向和田駅から梅の公園へは徒歩15分。または、JR青梅駅から都営バス「吉野行」に乗車し「吉野梅林」で下車、梅の公園まで徒歩3分。

 

公園入口から左手の丘の上が第三東屋です。


交通:JR羽村駅西口下車、徒歩20分。または、

羽村駅東口からコミュニティーバス「はむらん」西コースに乗車、郷土博物館下車。

 

堤防を上がって左側です。



アクセスカウンター