研究部の活動


タカの渡り観察会

9月の後半から約2週間の期間に複数の場所で、サシバ・ハチクマ等の渡りを観察しています。

観察会の詳細は、タカの渡り観察会ページをご覧ください。

観察場所:青梅市梅の公園、羽村市郷土博物館前河川敷

 


多摩川冬鳥観察会

普段探鳥会(バードウォッチング)を行っていない多摩大橋周辺と立日橋周辺のカウント調査をおこないます。調査コースをゆっくり歩きながら、鳥の種類と数を数えます。探鳥会ではありませんので、ご理解のうえ参加ご協力をお願いします。

ご協力いただける方は、直接集合場所にお越しください。

※いずれも悪天候は中止です。

 

2018年 2月12日(祝) 8時00分~11時00分

多摩大橋周辺(昭島市)

 多摩川緑地くじら公園駐車場 7時50分集合

 

立日橋周辺(立川市)

 立日橋左岸下流200m立川市営運動場テニスコート前土手 7時50分集合


奥多摩支部フィールド野鳥生息状況調査

現在探鳥会を行っている場所は限られており、支部エリア内の野鳥の生息状況が分かっていない地域が多くあります。今後、フィールド内の野鳥の分布を幅広く調べ、記録を蓄積していきたいと考えています。データは、今後の目録作成の資料や、保護が必要な事案が発生した場合の貴重な資料として活かせます。また、新しい探鳥地の開拓にもつなげたいと考えています。

 

支部フィールドでの定点やエリアでの生息調査、タカの渡り観察会とリンクした定点調査などを予定しています。これらは会員の皆様の協力を仰いで実施したいと考えています。

活動予定が決まりましたら支部報やHP等でお知らせしますので、ご協力をお願い致します。


ホオジロガモ生態調査

研究部によるホオジロガモの一斉調査は一時中断しています。

ホオジロガモを観察したら、HPの鳥便りにぜひとも投稿してください。

 

これまでの活動の詳細は、ホオジロガモ生態調査ページをご覧ください。