神奈川猛禽類レポートⅡ 

~神奈川県内に生息する猛禽類の生態とその保護方策について詳述~

 

神奈川野生生物研究会の生態研究の調査結果を元に神奈川県内に生息するクマタカを中心にした猛禽類の生態、繁殖状況等を解説し、また猛禽類保護の経緯及び提言を具体的に記述。生態写真(カラー)、イラストも豊富に挿入し、猛禽類についてのコラムも掲載した『神奈川猛禽類レポート』の全面的な改訂版。


 【内 容】

第Ⅰ章 クマタカ

第Ⅱ章 オオタカ及び他の猛禽類

第Ⅲ章 神奈川県で確認された猛禽類の解説

資料集

 

生態写真(カラー)、イラストも豊富で、いろいろな猛禽類についてのコラムも掲載しています。

 

A4判 164ページ(カラーページ28ページ)

編 集:神奈川野生生物研究会

発行所:ブイツーソリューション

発行日:201791

定 価:3,000円+税

 

amazonで購入できます。9月中旬販売予定)

※書店での販売はしておりません。

 

 

問合せ先:tw7t-kwt@asahi-net.or.jp


目 次

はじめに                                                                   葉山嘉一

目次                                                                       

口絵(神奈川の猛禽類)                                             

                                                                             

第Ⅰ章 クマタカ                                                       

クマタカ生態写真                                             1     佐々木祥仁 ほか

丹沢山地に生息するクマタカの生態                    5     川手隆生

ビデオカメラによるクマタカの抱卵期の記録          21   岩渕 聖

(コラム)丹沢でイヌワシに遭いたい                   28   佐々木祥仁

クマタカのある繁殖失敗事例についての考察        29   佐々木祥仁

神奈川県における猛禽類保護の経緯                  31   川手隆生

(コラム)事の真相は・・・?                               38   佐々木祥仁

クマタカの繁殖と公共事業との調整事例              39   川手隆生

神奈川県におけるクマタカ保護システム               45   川手隆生

(コラム)ハイタカの調理場                               58   佐々木祥仁

第Ⅱ章 オオタカ及び他の猛禽類                                

神奈川県のオオタカ繁殖状況                            59   岩渕 聖

神奈川県におけるハチクマの繁殖記録                63   川手隆生

(コラム)神奈川県県北地域でのミサゴ繁殖記録  76   佐々木祥仁

アオバズク観察                                 77   石田和男、金子和孝望月和芳

(コラム)ノスリの夜明け                                   82   佐々木祥仁

山岳部におけるツミの捕食内容について          83   佐々木祥仁、二ノ宮秀樹

(コラム)ある公園でのツミの観察                      88   宮武正則

ツミの観察記録 県央地域                                89   宮武正則

第Ⅲ章 神奈川県で確認された猛禽類の解説                

解説文                                                          93   全会員

資料集                                                              117 

(コラム)サシバの子育て                                 141  川手隆生

会の活動                                                           142 

編集後記                                                           145  川手隆生